HOME > セルフボディケア講座 基礎編 > お尻

セルフボディケア基礎編

お尻

大殿筋、中殿筋の位置を意識して行う

バランス維持やダッシュなどの動きにかかわる部位。
特に、短距離種目で重要な部位になる。

ケア時間の目安:約4分

1両手の四本の指でお尻全体(大殿筋)を、指で圧迫しながらもむ(60秒)

2お尻の脇の部分(中殿筋)を、手の付け根で円を描くようにもむ(60秒)

3両手の親指の腹で、お尻の脇の部分を1~2cm間隔で押していく(60秒)

4最後にもう一度、両手の四本の指でお尻全体(大殿筋)を、指で圧迫しながらもむ(60秒)